美大生の匿名ブログ

和風料理を習っていっそう料理上手になれる!直ぐ活かせる基礎知識

2017年05月19日 17時35分

ごはんを支度する度に毎度だし汁を用意する人は昨今では少数派になっているようですが、時間のあればぜひやってもらいたい下準備と言えます。かつお節或いは昆布、又は煮干といった、各々の出汁を取るやり方の基本知識を把握することから始めてみるのはどうでしょう。ダイコンやナス等で拵えたお新香は毎日でも食事に添えてあげたい副菜です。浅づけを作る際に使う塩の分量については、原材料を基準にだいたい2〜3%を心がけましょう。食塩だけで作るのもいいですが、生姜と唐辛子、そしてコンブなども一緒に漬ければ趣のある味わいやうま味がでます。高級な料理に留まらず家庭の料理まで、多くのおいしい和風料理は必然的に秘訣とされるだしが活用されています。大変忙しい現代の人はともすれば高カロリー食品等を食べがちなのですが、時にはたっぷり手間ひまを掛けた御飯に舌鼓を打ちたいですね。
肉眼では見えなくてもとても汚れが溜まっている事が多い物と言えば電気洗濯機でしょう。洗たく槽裏側に生じる黒カビが、衣類に付着したニオイの主因になって悩ませている場合も多いのです。合理的にできる手入れの仕方で気持ちの良い生活を手に入れましょう。古新聞の類は窓ふきのための掃除用具として一般的です。その他に窓ガラスでも外側の方は付いている汚れが溜まりがちなものですから、捨てる寸前の衣類などでガラスを拭きますと即座に廃棄出来ますし便利です。四隅に付着した埃に関しては、塩を使って拭き取ることが出来るようです。窓ガラス拭き掃除の方はちょっと…という方ならヨゴレをガードする裏ワザがピッタリでしょう。例えば真水で割った柔軟仕上げ剤もしくはお酢を窓ガラスに塗る事で専用の保護剤と同じ作用がもたらされますので、結果的にガラスへ埃なども残りにくくなるのです。
すっぽん小町の効果の詳細を見る